あいの会について

名称

関東交通犯罪遺族の会(通称:あいの会)

設立年月日

2012年7月8日

あいの会の目的

交通犯罪遺族が泣かずにすむ法整備を働きかけていくこと。
交通犯罪遺族同士の助け合いと支援の輪を広げていくこと。
交通犯罪遺族が定期的に集まって情報交換のできる場を作っていくこと。

活動内容

私たちは交通犯罪で家族を奪われた遺族の集まりです。
遺族同士が直接情報交換し、連携し、助け合う重要性を痛感し、2012年7月8日に結成しました。
関東という地域性を出発点にしつつも、全国に連携の輪を広げていくことを目指しています。
直接会って話し合う血の通った関係を大切にすること、家族を奪われた交通犯罪遺族であることを念頭に、以下の活動を行っています。

1.講演活動
各所の依頼を受けるなどの機会に際し、交通犯罪の悲惨さ、支援の大切さ、命の尊さなどについての講演活動を行っています。
2.月例会合の開催
約月1回、講師を招いての講演会、専門家を招いての意見交換会、勉強会、グリーフケアワークショップなどを開催しています。
3.行政などへの意見要請活動
法務省、国土交通省、警察庁などを始め、交通犯罪・犯罪被害者にかかわる官庁に対して、法の改正や運用整備についての意見要請活動を行っています。
4.被害者支援
交通犯罪の遺族や被害者に対して、相談を受け、アドバイスや仲介、また一緒に行動するなどの支援活動を行っています。

© 2021 あいの会